読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャラメルの勉強記録

法律の勉強、語学をしています。

2017年5月4日木曜日

藤井 民法 4 3 2 1 入門

本気で学ぶ上級中国語 3〜4課

現代英語 レッスン 3 4

 

「あんか」が欠かせない。

足元がぽかぽか温まり、心地よい眠りへと導いてくれる。

 

 

 

 

 

2017年5月3日水曜日

本気で学ぶ中級中国語 6〜10課

現代英語 レッスン 1 2

藤井 民法 8 7 6 5

本気で学ぶ上級中国語 1〜2課

 

ダンボール約20箱分の本を処分してすっきり。

連休中にしたかったことなので、なんだか肩の荷が下りました。

2017年5月2日火曜日

藤井 行政法 入門 憲法 9 8 7

 

仕事にがんばりすぎたからか、力尽きて寝てしまった。

残されたGWはあと5日。

予定を全部クリアしたい。

2017年5月1日月曜日

藤井 民法 14 13 12 11 10 9

本気で学ぶ中級中国語 1〜5課

 

朝早く起きて、仕事前に、民法を6コマ聞いた。

2倍速で聞いたから、頭がややわちゃわちゃだけど、基本知ってることなので、なんとかついていけた。

講義を一通り聞いたら、過去問や問題集、肢別本アプリに本格的に取り組まなきゃね。

模試が出始めると、なんだかあせってしまう。

今年は全力を出せるように努力したい。

 

中国語はとりあえず本気シリーズをなんとなく聞いてみて、漠然とイメージをつかむ。

細かいことはこれからおいおいやっていくとして、とりあえず中国語を好きになる。

それがGWの目標のひとつ。

2017年4月30日日曜日

現代英語 レッスン1

本気で学ぶ中国語 21〜25課

 

40にして惑わず。

そういう言葉がある。

ほとんどの人は、「惑ってばかりだわ」という反応をすると思う。

私もそうだ。

しかし、昨日ふと思った。

「惑わず」って、やりたいことを絞り込むこと、やるべきことに集中すること、そのことの重要性に気づくことなんじゃないかなって。

 

若い頃は選択肢がたくさんあったから、適当に全部やればいいんじゃない?なんてのんきだった。

20代の頃、中国語を習いに行っていたけど、さっぱり身につかなかったのは、好奇心はあったのだけど、こう、粘りというか、執着心のようなものがなかったからだろう。

 

年を重ねて、時間は有限であることを知る。

たくさんやりたいことがあっても、もうすべてやることはできない。

限界がある。

やりたいことしか、もうやれないのだ。

体力も精神力も残されていない。

 

そのことを思い知らされたのは最近になってからだけど、かといって、年をとったことを言い訳にしたくない。

だから、集中するのだ。

そりゃさ、私のことだから、もちろん寄り道とか道草もすると思う。

ただ、試行錯誤をした上で、自分の興味の拠り所を自覚しておくのは大切なことだと思う。

それが「惑わず」ってことなのかもしれない。

2017年4月29日土曜日

本気で学ぶ中国語 11〜20課

藤井 民法 18、17、16、15

 

ぽかぽか陽気に誘われて、ぼーっとしてたら、すべての計画はこなせなかったけど、昼寝もいっぱいしたし、甘いものを買いに行ったり、アイスマカロンがおいしいことを発見したり。

気合い入れて、明日はバリバリ勉強するぞ。

2017年4月28日金曜日

MOS ワード 2013 エキスパート 1、模擬試験1回分

1分間英語 3章

本気で学ぶ中国語 1〜10課

藤井 民法 19

 

なんだろ。

今日はハードだったなぁ。

興奮したのかな、早く起きすぎてしまったからな。

さあ、明日から本格的に始動するぞ。